2021.06.07

【初心者向け】ホームページの仕組み

弊社はホームページ制作を得意としています。

今までイベント告知用のホームページをはじめ、会社紹介のホームページ、
「KNOCK」のようなグループチャットという特別な機能を持ったホームページも制作できます。

ここでホームページとはいったいどういった仕組みなのかといったことを
まずは一番シンプルな形から始め、より発展するとホームページはどうなるかといった内容で
本日はコラムを書いていきたいと思います。

今後ホームページを作りたい!とお考えの方に向けてなるべくわかりやすく、
そしてお見積もりの想像がしやすいように、必要な作業を含めてまとめていきたいと思います。

1.そもそもホームページとは?



シンプルに仕組みを図にしてみました。
ホームページとはブラウザを使って、みたいページのHTMLをとりにいきます。
HTMLを無事ダウンロードすることが出来ると、ブラウザにページが表示されます。

HTMLはHyperText Markup Languageの略称です。
「</p>あ<p>」このようなタグを使って文章を表現することで、グラフィカルにパソコンやスマートフォンに情報を表示することが可能です。
決められた書き方を守るだけですので、誰でも作ることが可能です。

上記のタグをワードプレスにいれてみました。
これだけで、「あ」と表示するホームページを作ることが可能です。
ただこれでは役に立つ情報にはなりません。

2. ホームページを作るのに必要なこと

さて、ここからも実はホームページを作るのに必要なことがわかります。
それは「何をのせるか?」ということです。
ホームページでは会社のPCを行ってもよいですし、個人が趣味のイラストを載せてもよいのです。
最近ですと、会社のホームページなど所有が必要なものは自分で管理することが多く
個人が趣味のイラストをのせるにはPixivなどの外部サービスを利用することが多いと思います。

このようにホームページの内容次第で作業に必要なことが変わります。
その為、ホームページを作る際には「何をのせるのか?」を決めることが先決です。

ここでテーマ別に必要な作業を見ていきましょう。

3. 会社ホームページを作る

最近では様々な申請の場面で会社ホームページが必要になります。会社ホームページの最小の構成は以下の通りです。

(1) トップページ
(2) 事業紹介
(3) 会社概要

実業としてどのような業務を行っているかを確認するためにホームページを使う場合がありますので事業紹介も必要です。
会社概要ページは代表者名、資本金などを載せる必要があります。
それらの情報を整頓するためトップページも必要ですが、ここはシンプルな画像や動画だけというのも見かけます。

これらの情報をどのように載せたいかを考えることは案がいむずかしく、
ふわっとしたイメージを形にするためにまずお勧めなのは写真を準備する事です。
この画像を載せたい、この写真を載せたいというご要望があるとふわっとしていたイメージが固まりやすくなると思います。

4. イベントページを作る

ここでいうイベントページはランディングページにしようと思います。LPは1ページでイベントの魅力を伝える極端なページになります。その為構成は以下のようになることが多いです。

(1) キービジュアル表示
(2) イベント内容記載
(3) 申し込みもしくはお問い合わせ

キービジュアルはどのような形にせよあるとよいと思います。ここでもイメージの写真があると話が進みやすいですね。
次にイベント内容の記載が必要になると思います。いつ、どこで、だれが、どのようにやるかという点です。
それを読んだうえで申し込みやお問い合わせのフォームやリンクを設置するという流れです。

お問い合わせフォームは自作やワードプレスのプラグインで作成したりGoogle Formのリンクを設置することもあります。
ワードプレスのお問い合わせフォームプラグインで有名なものが複数ありますが、いずれも簡単に使う事が出来ますので重宝しています。

本ページではお問い合わせにつなげることが目的の為、コンバージョン(お問い合わせにつながった率)の測定を行ったり、ABテストを実施して見た目や構成を変えてコンバージョンの測定を行う事もあります。
弊社でもLPのABテストは実施しています。かなり効果的であることはわかりますが労力もかかりますのでプロジェクト毎に実施の検討を行っています。

5. まとめ

さて、大分長くなってしまいましたが…ホームページを作る前段階でもかなり色々考えないといけません。
これらの目的や事情をくみ取ったうえでホームページを作ることで、その後のデザイン、システム制作をスムーズに行う事が出来ます。
逆にこれらの目的がないまま進むと、だいたい変更の嵐となりその後の制作がスムーズに行われることはありません。
するとお見積もりも費用も高くなってしまったり、時には失敗してしまう事もあるのではないでしょうか。

そして、制作した後も自身の事業に合わせて変えていく…という非常に奥深いのがホームページ制作です。
まずは様々なホームページを見て、作成したいホームページのイメージに合うホームページにであることが制作の第一歩であると思います。

KIT-logo

LOADING…